進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

QW-SC1(シャープ) 

 シャープ製の食器洗い乾燥機「QW-SC1」です。色は、レッド・ホワイト・シルバーの三種類が用意されています。

 「QW-SC1」特徴として市販されている食器洗い乾燥機にしては珍しく小型で、対応人数が三名となっており、他の機器に比べて置くスペースが小さくてすみます。

 また、シャープ製の特徴として、洗剤を使わず、食塩だけで食器を洗う「イオンコース」を選択することができます。いつもの汚れであれば塩だけで洗浄し、ガンコな汚れがあれば塩+洗剤で洗います。

 卵などのたんぱく質の汚れは、高温水で洗うと固まってしまうため、食器洗い乾燥機では洗えませんでしたが、イオンコースを使えば、しっかりと洗い落とすことができます。

 しかも、小型にしては珍しくまな板も収納することも利点の一つです。

 他にも運転音を抑えて洗うナイトモードや、手洗いした食器を入れて乾かす乾燥モード、眠っている間に食器を洗ってくれるタイマー機能など、一通りの機能が備わっています。

※洗えるまな板の大きさは、縦23センチ、横35センチ、厚さが1.5センチ以下。なお、耐熱温度が90℃以上の樹脂製である必要があります。

 デメリットとして、分岐水栓工事が必要なことや、小型であるため収納できる食器の量が限られていること、塩を定期的に補充しなければならない、などがあげられます。

総評
 塩+洗剤で食器を洗うため、洗浄能力はかなり高いです。毎回、塩+洗剤で食器を洗う必要はありません。

 ガラスの茶しぶや、まな板の汚れなどガンコな汚れ以外は、洗剤を使わず塩だけで洗う「イオンコース」で十分落とすことができます。

 もし、洗浄能力が高くコンパクトな機器が欲しい場合は、「QW-SC1」を購入しましょう。

追記
 対応人数が三名のコンパクトな食器洗い乾燥機を販売しているメーカーは、シャープと三菱電機だけです。しかし、三菱電機は食器洗い乾燥機から撤退してしまったために、シャープが最後の砦となってしまいました。

 コンパクトな食器洗い乾燥機を探しているなら、残念ながら「QW-SC1」以外の選択肢はありません。



スポンサーサイト
商品の紹介 | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。