進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

普通洗剤と食器洗い専用洗剤の違い 

 食器洗い乾燥機には、普段から台所で使っている洗剤を使うことができません。説明書を読んでみると、必ず専用の洗剤を使用して下さいと、注意書きが載っています。

 さて、突然ですがここで問題です。一般に使用されている洗剤と、食器洗い専用の洗剤はどこが違うのでしょうか?

 ヒントですが、洗剤の個体差がありますが、油汚れなどの洗浄力には、違いがありません。違いがあるのは、見た目の部分です。

 3・・・

 2・・・

 1・・・

 0、タイムアップです。

 正解は、泡の立ち方です。通常の洗剤の方が大きく泡が立ちますが、食器洗い専用洗剤は、ほとんど泡が立ちません。

 近くの大型電気量販店などで、特別製の透明な食器洗い乾燥機でデモンストレーションをしていることがあります。もし時間に余裕があれば、確認してみて下さい。

 なぜ、泡立ちが抑えられている理由は、食器洗い乾燥機の中が泡だらけになってしまうと、機械が壊れてしまう恐れがあるからです。

 そのため、食器洗い専用洗剤が無くなってしまったからといって、普通の洗剤を使用するのは絶対に止めて下さい。

 しかし、最近は技術が進歩して、普通洗剤を使用できる食器洗い乾燥機が発売されました。SANYO(サンヨー)のDW-SX3000です。

 まだ、SANYOから一製品しか発売されていませんが、今後は色々なメーカーから発売されるかもしれませんね。そうなれば、食器洗い乾燥機がさらに便利になると思います。

SANYO 食器洗い乾燥機 DW-SX3000(A)(Amazon)



スポンサーサイト
疑問・質問コーナー | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。