進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

QW-SL1(シャープ) 

 シャープ製の食器洗い乾燥機「QW-SL1」です。色はホワイトの一種類だけとなっています。

 「QW-SL1」は、同じシャープ製「QW-SC1」の収容できる食器の数を増やしたタイプです。(対応人数は六人です)

 そのため、特徴も「QW-SC1」にとても良く似ています。洗剤を使わず、食塩だけで食器を洗う「イオンコース」もありますし、ガンコな汚れがあれば塩+洗剤で洗う「パワフルモード」もあります。

 さて、ここでは「QW-SL1」だけの特徴を紹介していきます。

 まずは収納スペースの大きさです。カタログには食器が60点+小物が24点入れられると書いてあります。食器だけでなく、金ザルや包丁、フライパン、まな板なども収納することができます。

 「QW-SL1」には汚れを見分けるセンサーが付いており、ガンコな汚れが付いている食器には、重点的に洗浄する機能が付いています。

 洗う食器が少ないときは、左右のどちらかのスペースだけを使って洗う「スポット洗浄」をすることができます。

 例えば夫が出張に行ったり、子供が修学旅行でいなかった場合、使用する食器の数が減ります。そんなとき、スポット洗浄を使えば、効率的に節水することができます。

 デメリットも「QW-SC1」と同じです。分岐水栓工事が必要なことや、塩を定期的に補充しなければならない、などがあげられます。

 また、大型であるため、台所に置く場合は、少し広めのスペースが必要になります。

総評
 対応人数が六人となっていますが、家族が三・四人しかいなくても、料理に使用したなべ等を入れれば、収納スペースを満杯にすることができます。

 洗う食器が少なくても「スポット洗浄」を使えば、使用する水を減らすこともできます。洗浄能力も洗剤と塩を同時に使用するため、かなり高いです。

 そのため、「QW-SL1」は六人家族だけでなく、三・四人家族でもお勧めできる食器洗い乾燥機です。

関連記事
QW-SC1(シャープ)



商品の紹介 | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。