進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DWS-600B(東芝) 

 東芝製の食器洗い乾燥機「DWS-600B」です。色は、パールピンクとプラチナベージュの二種類が用意されています。

 「DWS-600B」は収納できる食器が53点で、市販されている食器洗い乾燥機の中では、大型の部類に入ります。(対応人数は六人)

 東芝製の特徴として、高温のスチームを大量発生させ汚れや菌を浮かして、清潔に洗いあげる「除菌スチーム洗浄」があります。「除菌スチーム洗浄」のおかげで、長い間放置して固まってしまったガンコな汚れ、タンパク質などの汚れも、キレイにすることができます。

 原理は違いますが、ナショナルの「除菌ミスト」に効果が似ていますね。

 また「DWS-600B」には、もう一つ大きな特徴があります。それは、東芝独自のDSIインバーターを搭載し、吸音材を採用して食器洗い乾燥機から出る騒音を、できるだけ静かにしています。

 標準コース時はなんと約35db。

 シャープ「QW-SC1」と「QW-SL1」のナイトモードの場合は約36db、ナショナル「NP-BM1」と「NP-CM1」のナイトコースの場合は約37dbですので、現時点では業界ナンバーワンとなっています。

 洗浄コースですが、食器の乾燥だけをしてくれるモードや、食器の数が少ないときには使う水を減らしてくれる節約モードや、熱に弱いプラスチック製の食器を洗えるモードなど、一通りそろっています。

 さらに、食器洗い乾燥機の中を自動的に洗ってくれる、庫内洗浄も可能です。

※庫内洗浄をする場合には、レモン果汁か市販のクエン酸100%を、洗剤として使用してください。

 デメリットは分岐水栓工事が必要なことや、大型であるため、台所に置く場合は、少し広めのスペースが必要になることがあげられます。

総評
 騒音が気になる人には、お勧めできる食器洗い乾燥機です。騒音だけでなく、洗浄能力も「除菌スチーム洗浄」のおかげで、かなり高いです。

 食器の代わりに料理で使用したなべやまな板なども入れられますので、対応人数が六人となっていますが三・四人家族でも使うことが可能となっています。



商品の紹介 | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。