進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

BW-GB60(象印) 

 象印製の食器洗い乾燥機「BW-GB60」です。色は、ステンレスホワイトの一種類だけが用意されています。

 「BW-GB60」は対応人数が六人で、収納できる食器は41点となっています。

 「BW-GB60」の最大の特徴は、設置できるスペースが少なくてすむことです。対応人数が六人でありながら、縦31.5cm、横43.0cmあれば食器洗い乾燥機を置くことができます。

 しかし、設置スペースが少ない分、高さが58cmと他のメーカーと比べると、少し高めになっています。そのため、形が縦長になっています。

 他の特徴として、水を噴射するノズルが五つもあることがあげられます。上・左・右・下・背面の五方向から水を噴射できるので、縦長になっている食器収納スペースの隅々まで届くようになっています。

 また洗う食器が少ない場合は、使用する水を節約することもできます。

 食器洗いだけでなく、庫内を自動手洗ってくれる「庫内クリーニングコース」があります。専用の洗剤を使用すれば、水アカ汚れをスッキリ落とすことが可能です。

 デメリットは分岐水栓工事が必要なことや、台所に置く場合は、高さに気をつける必要があります。また、運転音を下げる「ナイトモード」、熱に弱いプラスチック容器を洗う「低温モード」がないことがあげられます。

 そして、小型のナベやフライパンなら洗えますが、まな板は洗えないので注意してください。

総評
 ナショナルの「除菌ミスト」や、東芝の「除菌スチーム洗浄」ような、長時間経過して固まってしまったガンコな汚れを落とす機能はありませんが、洗浄能力は問題ありません。

 できるだけ食器を入れたいが、食器洗い乾燥機を設置できる場所が少ない場合にお勧めできます。



商品の紹介 | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。