進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DW-SA1(サンヨー) 

 サンヨー製の食器洗い乾燥機「DW-SA1」です。色は、メタリックシルバーの一種類だけが用意されています。

 「DW-SA1」は対応人数が六人で、収納できる食器は約60点となっています。

 食器洗い乾燥機は、専用の洗剤を使う必要があります。通常の台所用洗剤では、泡が大量に出てしまい故障する原因となってしまうからです。

 しかし、「DW-SA1」は洗剤の泡の量を調節できるように内部を改良し、台所用洗剤が使えるようになりました。(食器洗い乾燥機の専用洗剤も使用可能)

※台所用洗剤は、台所用合成洗剤(中性・弱アルカリ性・弱酸性)に限ります。

 今まで食器に残っていた残飯を捨てて予洗いをする必要がありましたが、台所洗剤コースを選択すると、食器洗い乾燥機が自動で予洗いをしてくれるようになります。

 また予洗い時に、水の汚れ具合を自動的に感知し、水量と洗浄時間を決定する「光洗浄センサー」が付いています。そのため、水を効率よく節約することが可能です。

 適量の洗剤を自動で入れてくれる「洗剤自動投入機能」があり、洗剤の節約効率はかなり高いです。また、運転音が35dBと、業界トップクラスの静かさです。

 デメリットは分岐水栓工事が必要なことや、長時間放置して食器に固まってしまったガンコな汚れを落とす「パワフルモード」が無いことがあげられます。

総評
 同メーカーの「DW-SX2600」に、「洗剤自動投入機能」や「光洗浄センサー」を追加し、収納できる食器の数を増やしたタイプです。

 「DW-SX2600」の紹介でも書きましたが、台所用洗剤を使えるメリットはそれほど重要ではないと考えています。

 運転音が静かなのは利点ですが、他のメーカーから同じような大きさで、洗浄能力の高い食器洗い乾燥機が発売されていますので、無理に「DW-SA1」を購入する必要はないでしょう。



商品の紹介 | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。