進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小型の減少 

 食器洗い乾燥機を購入しようと決めたら、まずナショナル、シャープ、SANYO(サンヨー)など色々なメーカーのカタログに目を通すことでしょう。カタログを何度も見ているうちに、ある一定の法則がわかります。

 それは、対応人数が四~六人と大容量の食器洗い乾燥機が、主流となっていることです。シャープや三菱電機のように、対応人数が三人の小型もありますが、あまり売れていないようです。

※三菱電機の小型の食器洗い乾燥機「EW-DE1-N」が発売中止になりました。

 なぜ売れていないのかを、店員の人に聞いてみたところ、「小型の食器洗い乾燥機は需要が少ないから」という答えが返ってきました。日本は大家族よりも一人で生活している人の方が多いのに、なぜ需要が少ないのでしょうか。

 まず、食器を手洗いする手間があります。生活している人数が少ないと、使う食器も当然少なくなります。そのため、わざわざ食器洗い乾燥機を購入するよりも、自分で洗った方が早いです。時間も短くてすみます。

 そして、コストの問題もあります。食器洗い乾燥機は、水道代と電気代を合わせても、手洗いより安いという、うたい文句で販売しています。

 もし、使用する食器が少ないと、手洗いの方が安くなる場合が多いです。そのため、食器洗い乾燥機を購入するメリットが無くなってしまいます。

 ただ、将来的には小型の食器洗い乾燥機の需要が伸びる、と考えています。現在は、政治家が景気が回復していると言っていますが、あまり実感がありません。

 それどころか、まだまだ生活がきびしい人が多いです。そのため、専業では満足に生活できないために、働きに出る主婦も増えています。そして、お金の関係で子供が一人ぐらいしか産めない家庭もあります。

 両親共働きで、しかも子供が一人という、典型的な核家族が増えると予測しています。

 そうなれば、小型の食器洗い乾燥機の出番です。食器と水と洗剤を入れてしまえば、後は自動で食器を洗ってくれます。そして、普段は食器を手洗いしている時間を、自由に使うことができます。

 忙しいお母さんのためにも、あまり売れないかもしれませんが、ぜひ小型の食器洗い乾燥機を造り続けてもらいたいですね。



疑問・質問コーナー | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。