進め、食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機に関する情報を、紹介していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

予洗いの必要性 

 食器洗い乾燥機を使用していることを話すと、色々な質問を受けることがあります。「手洗いと比べてどのくらい水道代の節約になるか」「取付工事はどんなことをするのか」の二つが一番多く聞かれる質問です。

 次に多く聞かれるのは、汚れの落ちぐあいです。その中でも「食器洗い乾燥機を使う前に、食器を予洗い(仮洗い)する必要があるのか」と良く聞かれます。

 どうやら、食器を入れておくだけで、本当に汚れが綺麗に落ちるのか疑っている人が多いみたいです。昔はどうだったか知りませんが、最近の機器は性能が良く、意外と綺麗に落ちます。

 指定された容量以上の食器を、棚に無理やり入れなければ、汚れが残っているということはありません。洗浄力に関しては、心配しなくても大丈夫です。

 例えば、スパゲッティの具などがお皿に付いていても、問題なく綺麗になり、匂いもしなくなっています。

※高温の水で洗うため、タンパク質汚れの場合は、固まってしまうことがあります。そのため、必ず予洗いをしてください。

 しかし、食器洗い乾燥機に入れる前に、必ず食器を予洗いをする必要があります。予洗いをしなくても、食器に付いていた汚れは綺麗になりますが、排水する場所に付いている残菜フィルターに、残飯などの汚れが大量のが残ってしまい、詰まってしまう可能性があるからです。

 予洗いと言っても、食器を何十分も水に付けたり、洗剤を使用する必要はありません。食器の表面だけ軽く水を流し、目に見える汚れだけ取れば大丈夫です。

 今まで食器を手洗いする手間に比べれば、予洗いは簡単です。ただ、食器洗い乾燥機を購入しても、予洗いが必要になるということだけ覚えておいてください。



疑問・質問コーナー | トラックバック(-) | コメント(-)
サイトマップ
 ■ブログ紹介
 ├はじめに
 └カテゴリー紹介

 ■疑問・質問コーナー
 ├洗剤の種類
 ├小型の減少
 ├分岐水栓工事の有無
 ├異音の原因
 ├予洗いの必要性
 ├乾燥機の性能
 ├節水能力?
 ├ビルトインとは
 └食器洗い乾燥機の洗い方

 ■商品の紹介
 シャープ(SHARP)
 ├QW-SC1
 └QW-SL1
 ナショナル(National)
 ├NP-BM2
 ├NP-BM1
 ├NP-CM2
 ├NP-CM1
 └NP-C1
 東芝(TOSHIBA)
 ├DWS-600B
 └DWS-600A
 象印(ZOJIRUSHI)
 └BW-GB60
 三菱電機(MITSUBISHI)
 └EW-DE1-N
 サンヨー(SANYO)
 ├DW-STB100
 ├DW-SA1
 └DW-SX2600

 ■グッズ紹介
 └食器洗い乾燥機ストア(洗剤など)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。